記事一覧

新しい詩「さぎのあお空」をホームページに公開しました。

ホームページ「愛のうたの絵ほん」に新しい詩の花が咲きました。 詩の作品名を、ホームページの公開作品にリンクしています。詩 「さぎのあお空」 (短編詩)お読みくださるとうれしいです。☆ 詩集です。詩集 「銀河、ふりしきる」  高畑耕治カバー・章扉絵・渡邉裕美393作品収録 A5判400ページ 発売イーフェニックス 税込540円☆ アマゾン詩集・銀河、ふりしきる ☆ 書店 図書館書名 「銀河、ふりしきる」 ISBN 978-4...

続きを読む

新しい詩「子さぎ憧憬」をホームページに公開しました。

ホームページ「愛のうたの絵ほん」に新しい詩の花が咲きました。 詩の作品名を、ホームページの公開作品にリンクしています。 詩 「子さぎ憧憬」 (短編詩) お読みくださるとうれしいです。 ☆ 詩集です。 詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治 A5判、400ページ。393作品収録。カバー・章扉絵・渡邉裕美。発売イーフェニックス、税込540円。 ☆ アマゾン 詩集・銀河、ふりしきる  ☆ 書店、図書...

続きを読む

永福門院の和歌

折口信夫「歌の話」から。「人間はいつもにこにこ笑っているものばかりのものではありません」「世間の流行は、しかたのないもので、(略)世間の評判と、ほんとうの物のねうちとは、たいていの場合一致していない」何となき草の花咲く野べの春。雲に ひばりの声ものどけき(永福門院、風雅集巻二122)折口信夫「歌の話」岩波文庫から。雑草の花、なんということのない変った点もない草の花。折口信夫の本を読んだことで、玉葉集の時代...

続きを読む

伏見院、京極為兼、高村光太郎

京極派と呼ばれる鎌倉後期から室町、戦国時代のある時期に明滅した勅撰集「玉葉集」、「風雅集」に象徴される、すぐれた和歌があり、私は共感します。(永福門院の和歌が感受性と言葉づかいの繊細さでとくによいと感じます。)文学で、「派」や「グループ」というものはありえないと考え、好きではありませんが、文学感で理解、共感しあえる同時代に生きる個性それぞれの創作表現と理解すればよいと思います。われもかなし草木も心...

続きを読む

好きな歌。建礼門院右京大夫集。紫式部。

建礼門院右京大夫集とし月のつもりはててもそのおりの雪のあしたはなをぞ恋しき(訳)年月がどんなにたってもあの雪の朝は恋しく、思い出されて建礼門院右京大夫(けんれいもんいんうきょうのだゆう)集は、平家の若者と愛し合い源平の戦で死に別れた女性の和歌集です。日中戦争、太平洋戦争に巻き込まれたで多くの若者に、岩波文庫で読まれました。読み返して豊かな感情と深い悲しみに心がうたれます。どのような大義を為政者がか...

続きを読む

最新記事

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同上
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同上
「愛(かな)」1993年同上
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

検索フォーム