記事一覧

新しい詩「わたしも一羽の」「あかし」「交わり、ふたり」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「野の花・ちいさなうた」に新しい詩の花を公開しました。                               (クリックでお読み頂けます)詩 「わたしも一羽の」詩 「あかし」詩 「交わり、ふたり」ちいさなうたの花です。 お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。...

続きを読む

新しい詩「息、くちづけ ・くちづけ ・くちびる花びら ・ひとしずくに、あなたは」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」に、新しい詩「息、くちづけ」を、公開しました。3篇の連詩です。 (クリックでお読み頂けます)。  詩「息、くちづけ」  ・くちづけ   ・くちびる花びら   ・ひとしずくに、あなたはお読みくだされば、とても嬉しく思います。...

続きを読む

詩誌『たぶの木』11号をHP公開しました。

 手作りの詩誌『たぶの木』11号(漉林書房)を、私のホームページ『愛のうたの絵ほん』に3月1日公開しました。     詩誌 『たぶの木』 11号(詩誌名をクリックしてお読み頂けます。) 参加詩人は、田川紀久雄、坂井のぶこ、山下佳恵、高畑耕治です。お読み頂けますと嬉しいです。...

続きを読む

詩想(九) 詩と文学4

 私の折々の想いをツイッターにしたためた言葉から、似通う色合いのものを、詩想としてまとめています。  今回は「詩と文学4」、私の率直な想いです。頂いた詩論集を読みながら思うこと。1 どんなグループに属したなんか、詩には関係ない。詩ほど、個に徹することでしかたどりつけない対話はない。それは社交グループの、おしゃべりから遠い、2 わたしが詩を感じて、出会えて読めて、良かったと、思わずにいられないのは、単...

続きを読む

詩人・常山満と詩誌「ジュラ」(三)過去、現在、未来の詩人も。

 抒情詩人・常山満(つねやま・みつる、1947年~2012年)が創刊、発行した詩誌「ジュラ」に彼が情熱を込めて書き記した詩論、詩への想いを読み返して、私の共感と詩想をこだまさせています。その最終回です。 今回は詩人・常山満が、詩誌「ジュラ」の第2号に記した「御意見に答えて」です。彼が創刊号で掲げた詩想に対する反響、意見に対して、踏み込んで彼の詩観を伝えようとした言葉です。 まず出典から彼の言葉を引用し読み...

続きを読む

新しい詩「瞳ふたつ」「あなたは月だから」「ひかりの花嫁」「黄の花ちょうちょ」「うぶ声」HP公開

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「野の花・ちいさなうた」に新しい詩の花を公開しました。                               (クリックでお読み頂けます)詩 「瞳ふたつ」詩 「あなたは月だから」詩 「ひかりの花嫁」詩 「黄の花ちょうちょ」詩 「うぶ声」ちいさなうたの花です。 お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。...

続きを読む

詩人・常山満と詩誌「ジュラ」(二)独自の魂をうたい、万人の魂を。

 抒情詩人・常山満(つねやま・みつる、1947年~2012年)が創刊、発行した詩誌「ジュラ」に彼が情熱を込めて書き記した詩論、詩への想いを読み返して、私の共感と詩想をこだまさせています。 今回は詩人・常山満が、詩誌「ジュラ」の創刊号に掲げた「詩の存在価値と現代詩」です。まず出典から彼の言葉を引用し読みとり、呼び覚まされた私の言葉を続けます。● 以下、出典からの引用です。  詩の存在価値と現代詩   詩は詩...

続きを読む

詩人・常山満と詩誌「ジュラ」(一)。抒情を、詩を。

 私のホームページで詩人・常山満(つねやま・みつる、1947年~2012年)の詩を三篇紹介させて頂き、彼の詩と詩誌について言葉を添えました。 今回からの三回、常山満が創刊、発行した詩誌「ジュラ」に彼が情熱を込めて書き記した詩論、詩への想いを読み返して、私の共感と詩想をこだまさせます。 初回は詩人・常山満が、詩誌「ジュラ」の創刊号に掲げた「創刊に寄せて」です。まず出典から彼の言葉を引用し読みとり、呼び覚まさ...

続きを読む

新しい詩「さくら、さようなら」をHP公開しました。 

お詫びと反省。 昨日4月13日に公開しました詩「さくら、さようならの」を、改稿し詩「さくら、さようなら」として、公開しました。推敲不足のままフライングで公開しましたことを、お詫びします。反省しつつ、よくなったと思います。お読みくだされば、嬉しいです。 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」に、新しい詩「さくら、さようなら」を、公開しました。 (クリックでお読み頂けます)。    詩「さくら、さような...

続きを読む

新しい詩「赤い星、憧れの」「四月、ランドセル」「すみれに」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「野の花・ちいさなうた」に新しい詩の花を公開しました。                               (クリックでお読み頂けます)詩 「赤い星、憧れの」詩 「四月、ランドセル」詩 「すみれに」ちいさなうたの花です。 お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。...

続きを読む

詩人・常山満の抒情詩と詩誌「ジュラ」。

 私のホームページの「好きな詩・伝えたい花」に、詩人・常山満さん(つねやま・みつる、1947年~2012年)の詩を紹介させて頂きました。 出典は『新潟魚沼の抒情詩人 常山満詩集』(寺井青編、喜怒哀楽書房、2014年)です。  詩「ジュラの風 ( 時折ぼくは― )」「ジュラの風 ( 長い白壁の― )」「明日の為に」                                         (クリックしてお読み頂けます)...

続きを読む

詩想(八) 詩と文学3

 私の折々の想いをツイッターにしたためた言葉から、似通う色合いのものを、詩想としてまとめています。  今回は「心の足跡2」と、「詩と文学3」、私の率直な想いです。  心の足跡2人間は宇宙のなか謙虚でいたいなと思います。 ☆ 自己中、力、金、盲信欲まみれの、為政者に、地もこころも、あらされるばかりだからなおさら、夜空に星と月、今日もうつくしい、アウストラピテクスにふりそそいだ日とかわらず ☆ 震災のこと...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 一市民として3

 私の折々の想いをツイッターにしたためた言葉から、似通う色合いのものを、詩想としてまとめています。  今回は「一市民として3」、偏狭に歪み暴力的になりつつある社会での私の率直な想いです。 ☆ その国では、ふとどきなイタズラ者が、閣僚写真の、閣僚を隠して、指名手配者とシールを貼った、暴力団と、チンピラと、シールを貼った、けど、人相の悪さに、誰も気づかなかった。いつの時代のどの国か。ナチスだけじゃない。...

続きを読む

新しい詩「ゆきやなぎのうた」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」に、新しい詩「ゆきやなぎのうた」を、公開しました。 (クリックでお読み頂けます)。  詩「ゆきやなぎのうた」    ・ゆきやなぎ、初恋の     ・ゆきやなぎ、あのうたを お読みくだされば、とても嬉しく思います。...

続きを読む

新しい詩「菜の花あなたは」「ことり、きみになったなら」「詩」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「野の花・ちいさなうた」に新しい詩の花を公開しました。                               (クリックでお読み頂けます)詩 「菜の花あなたは」詩 「ことり、きみになったなら」詩 「詩」ちいさなうたの花です。 お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。...

続きを読む

新しい詩「せせらぎゆうぐれ」「ゆきりんご」「美しいもの」「人魚のうた」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「野の花・ちいさなうた」に新しい詩の花を公開しました。                               (クリックでお読み頂けます)詩 「せせらぎゆうぐれ」詩 「ゆきりんご」詩 「美しいもの」詩 「人魚のうた」ちいさなうたの花です。 お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 一市民として3

 私の折々の想いをツイッターにしたためた言葉から、似通う色合いのものを、詩想としてまとめています。 今回は「一市民として3」、偏狭に歪み暴力的になりつつある社会での私の率直な想いです。 ☆国くにクニって、声高に叫ぶ為政者ほど、その地に生活している人など、ほんとはどうでもよくて、自分が儲けて名をあげ欲望むさぼることにだけ、血眼。だから人間の顔に、もう見えない。 ☆委ねられた、半分前後の、意志を、省みる...

続きを読む

詩想(五) 詩と文学2

 私の折々の想いをツイッターにしたためた言葉から、似通う色合いのものを、詩想としてまとめています。今後も気が向いたときに続けたいと思います。 もう春ですので、梅、コブシ、ハクレン、そして桜のように、咲かせていけたらと願います。 今回は「詩と文学2」、私の率直な想いです。☆たとえば詩界の賞をつまらないと私が思うのは、無名のまま死んだあと知られた詩人の名だけ商業上借りて、誰が認め選んだのか自ら資格があ...

続きを読む

最新記事

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同上
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同上
「愛(かな)」1993年同上
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

検索フォーム