記事一覧

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九八) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆頭にも心にもない嘘を、撒き散らしつづける政権。首相職についてしまっている、言葉と人間を辱しめる者。違憲の法案は国と社会の破壊。主権者を黙殺する傲慢な暴走集団に、抗議の意思表示を。アベは辞めろ。 ☆戦後70年談話に記された、「おわび」。アベはほんとうに恥ずかしい人物だ、言葉軽んじたはぐらかししかできない。どんな人であるかはかえられなくても、相応しくない職務は...

続きを読む

新しい詩「お月さまとセミとわたし」「病んだ目にお月さま」「ゆりの花」「今、永遠」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。 (下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。 ・虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)詩 「お月さまとセミとわたし」詩 「病んだ目にお月さま」詩 「ゆりの花」・虹 新しい詩 掌篇詩(26行~50行)詩 「今、永遠」お読み頂けましたら、とても嬉しいです。...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九七) 

防衛省にめでたく昇格され、文民統制をはずされて、この組織は暴走はじめている。国土領有権の頻繁なネット広告、駅毎に貼られたポスター、18歳への自衛隊ダイレクトメール、昼夜飛び回る米、自衛隊の軍用機。政権の傲慢暴走に隠れて。戦前の軍部と変わらぬ軍拡阻むのは今。違憲法案を廃案に。 ☆今日の抗議集会は体調に合わせて、静かな声で、違憲法案はいらない、違憲を首相が許すなんてありえない、首相の職務に相応しくない独...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九六) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆8月9日。悲しい日。長崎の原爆で亡くなられたひとりひとりの方想い鎮魂の祈りしずかにささげる日。 ☆福島原発事故を終わらせる見通しも立たず嘘で押し隠し、被災者の方を仮設住宅に置き去りにしつつ、原発を国外に売り歩き、多数の主権者の反対の声を黙殺して再稼働を進める。武器輸出三原則を改ざんし、違憲の声に耳傾けず戦争法案強行採決をもくろむ。職務資格喪失した、アベ政治...

続きを読む

詩文集『生存権はどうなった』に作品掲載しました。

詩文集『生存権はどうなった』(穂苅清一、井上優、佐相憲一編、コールサック社、2015年8月30日)が発売されました。日本国憲法 第25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」いま国は、憲法のこの条文を、守り努めることを怠り、国民の権利を軽んじ奪おうとさえしています。代議員、公職に...

続きを読む

新しい詩「逆行。未来への、」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。 (下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。 ・虹 新しい詩 長篇・組詩(101行~)詩 「逆行。未来への、」 (・道なりに ・悪夢の時代へ ・戦死者談話 ・足跡を)お読み頂けましたら、とても嬉しいです。...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九五) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆社会人と自称するなら、違憲法案に対する抗議の意思表示をした若者たちを、挫いたり茶化したり批評するなんて恥ずかしいことするな。そんな輩は黙れ。若者、子どもを、見守り、守り、応援するのが、社会にまみれてきた人間が、最低でもすることだろ。 ☆8月6日。広島。原爆。亡くなった方、被爆された方、思うと、とても、とても悲しい。悲しみの最中でそれでも、嘆きになり祈り書い...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九四)

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆わたしは道端のちいさな花でありたくて、ちいさな花が話してくれる言葉を聞きとり受精し詩の種子を育み咲かせたいのですけれど。道端のちいさな花、懸命に生きているから、やさしさうつくしさ、踏みにじろうとするものにたいしては、許さず、怒る、と思います。咲いて微笑み伝えたいから。 ☆芸術家、作家、詩人は、私思うに、グチャグチャな生き物で、ありのままをこそ尊ぶ人です、...

続きを読む

書の美。毎日書道展近代詩文部門の関西展で詩を展示。

大阪府立四條畷高校で同窓の友人、南川和子さんが、毎日書道展の近代詩文部門で私の詩を書道作品にしてくださり、関西展で8月上旬に展示されました。その写真です。私の詩「小さな島、あおい星の乳房の」の6連目の、次の詩句を選びとり、書の作品として、生まれ変わらせてもらえて、とてもうれしく思います。 星は宇宙の子ども 浮かびまわる水玉 あおい瞳 海と陸の 表情ゆたかなまるみ 美しい球私は専門家ではありませんが...

続きを読む

八月十五日

詩「八月十五日」              高畑耕治記念日なんのため お国のためなんかにもう決して死なない 死なせないお国のためなんかに殺さない 殺させない こころに言い聞かせ 戦死させられた祖父あふれた嘆きかなしみ 対話し 祈念する お国のためなんかにもう決して *ルビ 決して: けしてホームページ「愛のうたの絵ほん」でもお読み頂けます。詩「八月十五日」(この詩は詩文集『生存権はどうなった』(穂刈清一、...

続きを読む

新しい詩「ウインク、三日月と夕陽に」「きみとふたり」「ラブレター、未来へ」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。 (下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。 ・虹 新しい詩 中篇詩(51行~100行)詩 「ウインク、三日月と夕陽に」・虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)詩 「きみとふたり」詩 「ラブレター、未来へ」お読み頂けましたら、とても嬉しいです。...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九三) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆国会議事堂周辺での、学生と学者による違憲法案に対する抗議集会に、今から遅れて参加しに向かっています。違憲法案は廃案にする。アベ政治を許さない。意思表示します。 ☆国会議事堂前での違憲法案に対する今日の抗議集会、二万五千人の声が集まりました。帰りの電車でも、「アベ政治を許さない」の印刷紙で、意思表示します。 ☆明日8月2日は、違憲の戦争法案に抗議する高校生の...

続きを読む

新しい詩「ちりちりあなたと」「あなたのうたに」「花、静か」「お星さま」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。 (下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。 ・虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)詩 「ちりちりあなたと」詩 「あなたのうたに」詩 「花、静か」詩 「お星さま」お読み頂けましたら、とても嬉しいです。...

続きを読む

新しい詩「果実、実りと祈りのうた」「おそらおんなのこ」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。 (下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。 ・虹 新しい詩 中篇詩(51行~100行)詩 「果実、実りと祈りのうた」・虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)詩 「おそらおんなのこ」お読み頂けましたら、とても嬉しいです。...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九二) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆今日はそれでも、ほんの少し、作品が育ってくれたことばかり、うれしい。大好きな人と、すれちがい、目があった日と、おなじほどに、大切に思えて。 ☆病院の待合室聞き取れない音声流れるテレビ画像違憲の法案ありえない審議原民喜の詩集を読む診察室命守ろうと休む間もない医師と看護師画面でエヘン自己酩酊するばかりの総理職貶め辱しめるイカれた愚か者と追従者の群れ命軽んじ壊...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九一) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆人間をないがしろにするものなんか許したら詩の、文学の死だ。そんなところから生える言葉なんかに、芸術のいのち、人間の、美が宿れるはずないじゃないか。 ☆右も左もどうでもいいこと。ダマされ支持する者も、反対の声あげる者も、差をつけるような演技はしてもやがていっさい関係なく、アベとお取り巻きは、若者を、政治の道具として、少数のお友だちのため「国益」と称して平然...

続きを読む

詩誌『たぶの木』18号HP公開しました。

 手作りの詩誌『たぶの木』18号(漉林書房、2015年8月15日発行)を、私のホームページ『愛のうたの絵ほん』に公開しました。     詩誌 『たぶの木』 18号   (詩誌名をクリックしてお読み頂けます。) 参加詩人は、田川紀久雄、坂井のぶこ、山下佳恵、高畑耕治です。 表紙・目次です。お読み頂けますと、とても嬉しいです。...

続きを読む

新しい詩「歩道に、診察室に」「雨雲の裂け目」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。 (下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。 ・虹 新しい詩 中篇詩(51行~100行)詩 「歩道に、診察室に」・虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)詩 「雨雲の裂け目」お読み頂けましたら、とても嬉しいです。...

続きを読む

新しい詩「夏を鳴く」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。 (下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。 ・虹 新しい詩 中篇・組詩(51行~100行)詩 「夏を鳴く」(恋うた ・挽歌)お読み頂けましたら、とても嬉しいです。...

続きを読む

最新記事

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同上
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同上
「愛(かな)」1993年同上
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

検索フォーム