記事一覧

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇七) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。 ☆あの国会議事堂のなか、異常な違憲の行いが、進められている。ここに集まった誰ひとり、許してはいない。 ☆賛成議員は落選させよう。違憲に平気なんて、議員として、正気か?どうぞアベもろとも落選、没落しておくれ。 ☆いま、国会議事堂前。公明党は恥を知れ。落選して、早くなくなれ。宗教の名も辱しめ続けている集団。 ☆あの国会議事堂のなかの、ふんぞり返った、ふさわしく...

続きを読む

新しい詩「秋、悲しみのうた」「秋、デモ日和」「親子雲の話」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。 (下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。 ・虹 新しい詩 中篇組詩、中篇詩(51行~100行)詩 「秋、悲しみのうた」(・どんぐり ・まんじゅしゃげ ・そよ風 ・アルバム ・天の川)詩 「秋、デモ日和」(・あわいあおに ・人魚のようにあなたは)詩 「親子雲の話 ―二〇一五年秋、国会議事堂上空の」お読み...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇六) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆自分を励ますことも大切だから。違憲の戦争法案を廃案にし、アベを退陣させて、とことんしたいこと。眠くなくなるまで眠る。創作しつづける。海に会いにゆく。 ☆傲り良識を失った与党の政治屋はたった数百人。違憲の法案に反対し抗議している人は数千人から一億人。彼らは既に政治家資質、政治家生命を、短命に終わらせた。傲り、他の人を軽んじられる輩は、必ず没落する。違憲は違...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇五) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆日本国憲法のもとで、戦争をしないさせない、立憲制民主主義を、戦後70年から100年200年未来へと手渡そうと願い意思表示する、一市民生活者として、違憲の法案を押し通そうとする政権の酷さを私も許すことができません。文学詩文化のためにも現政権を退陣に。 ☆反対のことを平然と発言するとたん、国会議員としての適性は喪失する。どうして、高村なんかを信頼できるか。 ☆わたし...

続きを読む

新しい詩「秋の音」「こころの翼」「いろあいさまよい」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。 (下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。 ・虹 新しい詩 中篇・組詩(51行~100行)詩 「秋の音」(・鈴 ・さえずり ・風いろ ・満天 ・あい)・虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)詩 「こころの翼」・虹 新しい詩 掌篇詩(26行~50行)詩 「いろあいさまよい」お読み頂けましたら、とても嬉し...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇四)

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆犯罪を繰り返していると私は思います。東電と国が。「毎日動画:福島第1原発:汚染雨水が流出 外洋に6度目」 ☆自由、民主人間のらしい社会とするために絶えず気づき築き続けることが大切な価値。その言葉と意味の真逆の、不自由国家強制、主権者無視独裁ばかりの、あんな組織、集団は、この国にはもういらない。解体消滅歴史の汚点として滅びろ。アベ政治を許さない。アベは辞め...

続きを読む

新しい詩「季節の楽章」「よわね」「愛しい空へ」「しずかないかり」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。 (下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。 ・虹 新しい詩 掌篇・組詩(51行~100行)詩 「季節の楽章」(・予感 ・初心)・虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)詩 「よわね」・虹 新しい詩 掌篇詩(26行~50行)詩 「愛しい空へ」・虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)詩 「しずかないか...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇三) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆15時から新宿歩行者天国伊勢丹前での、違憲の戦争法案に対する若者、学生、学者主催の抗議集会に向かっています。声を聞き、意思表示します。アベ政治、政権、自民公民が国会でやってる横暴、めちゃくちゃ、社会の良識を捨て去ろうする言動、振る舞いは無惨。違憲法案は廃案に。アベは辞めろ。 ☆高村は最低の政治家の本性を露に。彼の「国民」には与党の政治家は含まれていない。国...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇二) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆30日の抗議行動の疲れが出た私も一人だけれど、言っておきたいこと。非を一切認めずあくまで誤解と上から目線で決めつけ主権者の声をまったく聞かない政権はいらない。アベ政権はさっさと辞めろ。嘘つき政治家には無言のレッドカード。大阪の恥。橋下ひとりの恥でやめとけ。さっさと辞めろ。 ☆産経はジャーナリズムなんてとても言えない。現場を体感して書かない者は記者じゃない...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇一) 

違憲の戦争法案に対する国会議事堂包囲の、抗議行動に向かっています。やまない雨はない。必ずやむ。アベ政治を許さない。アベは辞めろ。がんばり、いまできることをしましょう。 ☆違憲の戦争法案に対して抗議する意思表示を、猛暑を乗り越え示し続けてきたのだから、小雨なんて天の恵みかな。がんばれる。違憲法案は必ず廃案に。アベ政治を許さない。アベは辞めろ。 ☆詩を心注いで創れるよう。今日は全身全心を、抗議意思の塊に...

続きを読む

新しい詩「ほたるの輪 (・天の川から ・惑星から)」「セミ、夏の夜に」「セミ、鳴きつくし」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。 (下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。 ・虹 新しい詩 中篇・組詩(51行~100行)詩 「ほたるの輪」(・天の川から ・惑星から)・虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)詩 「セミ、夏の夜に」・虹 新しい詩 掌篇詩(26行~50行)詩 「セミ、鳴きつくし」お読み頂けましたら、とても嬉しいです...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇〇) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆違憲。本当に恥ずかしいことだ。解釈改憲の閣議決定なんて、あり得ない恥ずべき立憲制民主社会で、許されない行為だ。法治社会基盤のルールを壊そうとする者、集団は、必ず退場させられる。アベ政治、内閣、与党を許さない。アベは辞めろ。 ☆弁護士も憲法学者も市民も詩人のはしくれも、違憲を恥じない行為に対して、本気で怒っているんだ。 ☆いま国会議事堂前の衆議院第二議員会...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九九) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆違憲の戦争法案に反対し廃案を求める、若者主催の、表参道デモに参加しに向かっています。意思表示します。廃案に。アベ政治を許さない。アベは辞めろ。 ☆今日は全国64箇所以上で違憲法案への抗議集会やデモが行われています。仕事や用事や大切なことがらで参加できない方も、できるときにできる方法で、反対の意思表示をし、思いを伝えあいましょう。よりましな社会へ。 ☆デモで...

続きを読む

最新記事

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同上
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同上
「愛(かな)」1993年同上
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

検索フォーム