記事一覧

個人の尊厳と社会と政治と文学 アベは辞めろ(二)

ツイートの、落穂拾いです。 「アベは辞めろ」 限りなく黒に近い灰色がある。列島の色塗りマップを眺めれば。灰色汚染の発生源の真ん中に、真っ黒な汚濁点。腐臭をこらえつまみあげれば、名札はなんと、内閣総理大臣。幼稚園、小学校。楽しい、人間の、感情の、学びの場を、腐りきることを好む寄生虫に、穢させてたまるか。見惚れずにおれない、勇ましい雄弁の、かげ。コソコソゴソゴソ薄汚い暗がり、這い回っておられたのですね...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 アベは辞めろ

ツイートの、落穂拾いです。  *ムッソリーニとヒトラーは独裁者としての策謀から同盟国関係の親密さを喧伝しましたが良い方向への進軍でしたでしょうか? 特定し深入する相手は、個人的趣味の見栄であるまえに、十分に見極めるのが職務柄の知恵ではないでしょうか? 日々積みまし混迷させていく自国の問題を放置し楽しげな方。趣味の観光は自腹がフツウです。業務上横領はフツウ犯罪です。税金悪用するな。  *毎日新聞ニュ...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 一市民として

ツイートした詩想の、落穂拾いです。  *地方、高等、最高と、被る肩書きの高さと、知性、良識、人間性とは、必ずしも一致しないこと、司法も人間の官僚的な組織であり、偏った政治的な判決をする場合があること、裁判の個々の判決が絶対の正義でも善でもないこと、厚木基地訴訟、沖縄辺野古の現況に学びつつできることすべてをと思います。  *端的にいえば、不当な判決を、人間である裁判官はおかしうるのだと知ること。その...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 散る文。

散らしたツイートの落穂拾いです。  *資質というものがあり。喜びと悲しみの天秤の偏りが人にはあり。ノウテンキであらせられるかメランコリックであらせられるかはイカントモシガタイものもあり。正常と病の連続線の不確かな境界のどのあたりをさまよえるかは意思をこえた運命らしきものもあるかと嘆き望みつつふらつけるのは人だからか。  *酔っぱらってもお天気すぎても、あまりにしらふでも、おろかさとおかしみとかなし...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 落穂拾い。散る文。

その国ではいつのまにか「政治家」は、あらゆる分野の専門家の提言を小バカに見くだす、全知全能で、耳だけ失った、バカ殿になられたそうです。あらゆる判断をくだし命じることだけがお好きなお方々、「良心」という単語は、読めなくなった、読まなくなった、そうです。「責任」ってなんだったっけ?もう、知らないそうです。「未来」なんて、見ない、そうです。  *政治的な効果・結果だけがすべてではないと私は思います。生活...

続きを読む

散る文。詩にならない

ひとりの生活する市民の、詩にならない散文です。  *最後の終戦記念日としつづけることが、できますように。祈念し、できる行いを、ひとつひとつ、積み重ねていきたい。あふれた嘆き悲しみ二度といらない八月十五日*原始仏教、日本神話、並行して読み、考えています。シリアでの子どもたちへの残虐な空爆や戦闘がやめさせられるように、願ってやみません。*最古層の原始仏典、南方仏教に伝わった「慈しみの経」や、アショーカ王...

続きを読む

散る文。詩にならない。

ひとりの市民の散文として、書き留めておきます。  *選挙後の行動、沖縄の高江への思慮の浅い同伴行為では権力の地位悪用者とのパイプを少し太くし首相職を貶めている人物との電話の会話を自慢した落選候補者は投票した主権者の多くからの次への信認を自ら細め壊し過去にしてしまった。必要なものは落選したことへの謙虚な猛省で、突飛な行動は知名度を悪用する自己本位の宣伝でしかない。論破できない正論を流暢に述べても、よ...

続きを読む

散る文。詩にならない。

ひとりの市民の散文として、書き留めておきます。  *今の政権になってから軍用機は、東京郊外、大阪郊外でも、ブンブンうるさく朝から晩まで平然と飛びかっています。異常であり、苦痛です。おかしいことはやめさせたい、おかしいことを黙認する人たちに政治をさせるのはやめさせたい、と私は思います。マスコミに詩人として登場するチョメイな方がたは不思議なほどに原発もヘイトも政治の不正のことも口にしないな、大企業の従...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 ひとりの市民として。2016年7月 (3)

ひとりの市民としての、発言、意思表示です。選挙権の歴史 横浜市HPかつてはごく一部の人にしか選挙権がありませんでした。財産や性別などで差別されることなく、みんなが投票できるようになるまでには、大変な努力と長い歴史があった。第二次世界大戦後、はじめて男女平等の完全普通選挙。   *選挙権の歴史 東京都選挙管理委員会HP「性別に関係なく、20歳以上の日本人は投票できるようになったのは昭和21年から」完全普通...

続きを読む

ひとりの市民として。2016年7月 (2)

ひとりの市民としての、発言の記録、意思表示です。年齢に関わらず、選挙権を活かさず投票をサボり棄てる白紙委任は、幼稚で自分を貶める行為だと思います。投票した一票は記録されます。活かされない場合にも示した意思表示をいい続けることができます。白紙委任は、選挙権のない他の人の人権や尊厳まで弱め危険にさらすから、わたしは必ず投票します。   *嘘をつかない、約束を守る、間違ったら謝る、謙虚であろうとする、他...

続きを読む

ひとりの市民として。2016年7月。

ひとりの市民としての、発言の記録、意思表示です。毎日の仕事にくたびれはてた平民市民として。わたしは参院選に政治なんてと思いがちな人が一人でも多く選挙権を棄ててしまわず生かして、全国32の一人区と、複数人区すべてで、安保法制に賛成した与党自民党・公明党・他応援隠れ勢力をみんな落選させることを、強く望む者です。   *未来に兵と原発でなく、希望を。   *アベ政治を許さない候補者に、一人の主権者として投...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇七) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。 ☆あの国会議事堂のなか、異常な違憲の行いが、進められている。ここに集まった誰ひとり、許してはいない。 ☆賛成議員は落選させよう。違憲に平気なんて、議員として、正気か?どうぞアベもろとも落選、没落しておくれ。 ☆いま、国会議事堂前。公明党は恥を知れ。落選して、早くなくなれ。宗教の名も辱しめ続けている集団。 ☆あの国会議事堂のなかの、ふんぞり返った、ふさわしく...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇六) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆自分を励ますことも大切だから。違憲の戦争法案を廃案にし、アベを退陣させて、とことんしたいこと。眠くなくなるまで眠る。創作しつづける。海に会いにゆく。 ☆傲り良識を失った与党の政治屋はたった数百人。違憲の法案に反対し抗議している人は数千人から一億人。彼らは既に政治家資質、政治家生命を、短命に終わらせた。傲り、他の人を軽んじられる輩は、必ず没落する。違憲は違...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇五) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆日本国憲法のもとで、戦争をしないさせない、立憲制民主主義を、戦後70年から100年200年未来へと手渡そうと願い意思表示する、一市民生活者として、違憲の法案を押し通そうとする政権の酷さを私も許すことができません。文学詩文化のためにも現政権を退陣に。 ☆反対のことを平然と発言するとたん、国会議員としての適性は喪失する。どうして、高村なんかを信頼できるか。 ☆わたし...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇四)

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆犯罪を繰り返していると私は思います。東電と国が。「毎日動画:福島第1原発:汚染雨水が流出 外洋に6度目」 ☆自由、民主人間のらしい社会とするために絶えず気づき築き続けることが大切な価値。その言葉と意味の真逆の、不自由国家強制、主権者無視独裁ばかりの、あんな組織、集団は、この国にはもういらない。解体消滅歴史の汚点として滅びろ。アベ政治を許さない。アベは辞め...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇三) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆15時から新宿歩行者天国伊勢丹前での、違憲の戦争法案に対する若者、学生、学者主催の抗議集会に向かっています。声を聞き、意思表示します。アベ政治、政権、自民公民が国会でやってる横暴、めちゃくちゃ、社会の良識を捨て去ろうする言動、振る舞いは無惨。違憲法案は廃案に。アベは辞めろ。 ☆高村は最低の政治家の本性を露に。彼の「国民」には与党の政治家は含まれていない。国...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇二) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆30日の抗議行動の疲れが出た私も一人だけれど、言っておきたいこと。非を一切認めずあくまで誤解と上から目線で決めつけ主権者の声をまったく聞かない政権はいらない。アベ政権はさっさと辞めろ。嘘つき政治家には無言のレッドカード。大阪の恥。橋下ひとりの恥でやめとけ。さっさと辞めろ。 ☆産経はジャーナリズムなんてとても言えない。現場を体感して書かない者は記者じゃない...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇一) 

違憲の戦争法案に対する国会議事堂包囲の、抗議行動に向かっています。やまない雨はない。必ずやむ。アベ政治を許さない。アベは辞めろ。がんばり、いまできることをしましょう。 ☆違憲の戦争法案に対して抗議する意思表示を、猛暑を乗り越え示し続けてきたのだから、小雨なんて天の恵みかな。がんばれる。違憲法案は必ず廃案に。アベ政治を許さない。アベは辞めろ。 ☆詩を心注いで創れるよう。今日は全身全心を、抗議意思の塊に...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(一〇〇) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆違憲。本当に恥ずかしいことだ。解釈改憲の閣議決定なんて、あり得ない恥ずべき立憲制民主社会で、許されない行為だ。法治社会基盤のルールを壊そうとする者、集団は、必ず退場させられる。アベ政治、内閣、与党を許さない。アベは辞めろ。 ☆弁護士も憲法学者も市民も詩人のはしくれも、違憲を恥じない行為に対して、本気で怒っているんだ。 ☆いま国会議事堂前の衆議院第二議員会...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九九) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆違憲の戦争法案に反対し廃案を求める、若者主催の、表参道デモに参加しに向かっています。意思表示します。廃案に。アベ政治を許さない。アベは辞めろ。 ☆今日は全国64箇所以上で違憲法案への抗議集会やデモが行われています。仕事や用事や大切なことがらで参加できない方も、できるときにできる方法で、反対の意思表示をし、思いを伝えあいましょう。よりましな社会へ。 ☆デモで...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九八) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆頭にも心にもない嘘を、撒き散らしつづける政権。首相職についてしまっている、言葉と人間を辱しめる者。違憲の法案は国と社会の破壊。主権者を黙殺する傲慢な暴走集団に、抗議の意思表示を。アベは辞めろ。 ☆戦後70年談話に記された、「おわび」。アベはほんとうに恥ずかしい人物だ、言葉軽んじたはぐらかししかできない。どんな人であるかはかえられなくても、相応しくない職務は...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九七) 

防衛省にめでたく昇格され、文民統制をはずされて、この組織は暴走はじめている。国土領有権の頻繁なネット広告、駅毎に貼られたポスター、18歳への自衛隊ダイレクトメール、昼夜飛び回る米、自衛隊の軍用機。政権の傲慢暴走に隠れて。戦前の軍部と変わらぬ軍拡阻むのは今。違憲法案を廃案に。 ☆今日の抗議集会は体調に合わせて、静かな声で、違憲法案はいらない、違憲を首相が許すなんてありえない、首相の職務に相応しくない独...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九六) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆8月9日。悲しい日。長崎の原爆で亡くなられたひとりひとりの方想い鎮魂の祈りしずかにささげる日。 ☆福島原発事故を終わらせる見通しも立たず嘘で押し隠し、被災者の方を仮設住宅に置き去りにしつつ、原発を国外に売り歩き、多数の主権者の反対の声を黙殺して再稼働を進める。武器輸出三原則を改ざんし、違憲の声に耳傾けず戦争法案強行採決をもくろむ。職務資格喪失した、アベ政治...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九五) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆社会人と自称するなら、違憲法案に対する抗議の意思表示をした若者たちを、挫いたり茶化したり批評するなんて恥ずかしいことするな。そんな輩は黙れ。若者、子どもを、見守り、守り、応援するのが、社会にまみれてきた人間が、最低でもすることだろ。 ☆8月6日。広島。原爆。亡くなった方、被爆された方、思うと、とても、とても悲しい。悲しみの最中でそれでも、嘆きになり祈り書い...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九四)

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆わたしは道端のちいさな花でありたくて、ちいさな花が話してくれる言葉を聞きとり受精し詩の種子を育み咲かせたいのですけれど。道端のちいさな花、懸命に生きているから、やさしさうつくしさ、踏みにじろうとするものにたいしては、許さず、怒る、と思います。咲いて微笑み伝えたいから。 ☆芸術家、作家、詩人は、私思うに、グチャグチャな生き物で、ありのままをこそ尊ぶ人です、...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九三) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆国会議事堂周辺での、学生と学者による違憲法案に対する抗議集会に、今から遅れて参加しに向かっています。違憲法案は廃案にする。アベ政治を許さない。意思表示します。 ☆国会議事堂前での違憲法案に対する今日の抗議集会、二万五千人の声が集まりました。帰りの電車でも、「アベ政治を許さない」の印刷紙で、意思表示します。 ☆明日8月2日は、違憲の戦争法案に抗議する高校生の...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九二) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆今日はそれでも、ほんの少し、作品が育ってくれたことばかり、うれしい。大好きな人と、すれちがい、目があった日と、おなじほどに、大切に思えて。 ☆病院の待合室聞き取れない音声流れるテレビ画像違憲の法案ありえない審議原民喜の詩集を読む診察室命守ろうと休む間もない医師と看護師画面でエヘン自己酩酊するばかりの総理職貶め辱しめるイカれた愚か者と追従者の群れ命軽んじ壊...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九一) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆人間をないがしろにするものなんか許したら詩の、文学の死だ。そんなところから生える言葉なんかに、芸術のいのち、人間の、美が宿れるはずないじゃないか。 ☆右も左もどうでもいいこと。ダマされ支持する者も、反対の声あげる者も、差をつけるような演技はしてもやがていっさい関係なく、アベとお取り巻きは、若者を、政治の道具として、少数のお友だちのため「国益」と称して平然...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九〇) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆どんなに疲れていても毎日意思表示する。私は「アベ政治を許さない」。 ☆首相は最悪趣味、戦争夢想マニアとしか、多くの知性、感情、こころに、認められず、思えず、感じられない、最悪の政治するなよ。アベ。ヨイショするなよ、お取り巻き。今、悪名毎日刻んでいるよ。恥じろ。 ☆言葉の暴力。人間らしさを根こそぎにしようとするものたちに、無言は悲しいけど服従になってしまう...

続きを読む

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(八九) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました ☆いちばんやりたいこと、そのために生きていることを、ここ数日できなかったので、明日、明後日は作品を創作し詩の花咲いてくれますように、と願っています。 ☆『原民喜(はらたみき)全詩集』が岩波文庫から出たのですぐ購入しました。文学の入口で出会い全集古本を読んでから、今も誰より敬愛している詩人をです。小説『鎮魂歌』も散文詩と言えます。彼の詩はとても愛(かな)しく痛く...

続きを読む

最新記事

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同上
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同上
「愛(かな)」1993年同上
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

検索フォーム