記事一覧

詩想(一〇八) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

防衛装備庁。
兵器開発調達輸出の拡大を軍需産業の要望に応え図る組織。

違憲の、安保法制。

日本国憲法をねじ曲げるものを、廃止するために、一市民としてできることを、考え伝えしようと思っています。

 ☆

長篇詩「うた。満ちゆく月の、潮騒の。反戦の。」
(1)二の腕お月さま
(2)三日月お月さま
(3)火の海から-「うた。少女の、反戦の」
(4)願いごと。レモンお月さまに-「うた。木の葉の、幻の」
(5)レモン返歌。潮騒の-「おもちつきこもりうた」(6)満ちる月

新しい長編詩は、六つの章からなり、そのうち三つの章には挿入歌を含みます。
全体で六百四十数行、長編組詩「さくら恋うた」の次に長い作品です。現在の私のベストを尽くしました。

 ☆

補足。思っていることです。
創作にベストを尽くすのは当たり前のこと。
作品の良し悪しはその長さとは関係しない。
いまの、この社会にいて、創作しているので、反戦の意思を込めたうたです。

 ☆

文学作品は、政治主張政策実現のための手段ではありませんし、
物理的な力ではない、
暴力の対極にあるものとして、
ヒューマニズム、人間の尊厳を、
今に、未来に、
世界、宇宙、
生死を越えたところにまで、
響かせずにはいられない、
美と愛の創造への、
渇望、意思です。

 ☆

ジャンルを越えて、優れた芸術作品には必ず、人間がいます。


関連記事

最新記事

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同上
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同上
「愛(かな)」1993年同上
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

検索フォーム