記事一覧

詩想 詩歌と書

ツイートした詩想の、落穂拾いです。

  *

和泉式部
つれづれと空ぞ見らるる思ふ人天降り来ん(あまくだりこん)物ならなくに

式子内親王
うき雲の風にまかする大空のゆくへもしらぬ果てぞ悲しき

敬愛する二人を読み返すたび、歌わずには、書かずには、伝えずにはいられなかった歌人の響きあう魂、深く通いあう詩ごころにうたれます。

  *

わたしの作品にときおり芽吹く、文字の流れるかたちの美しさへのこだわりは、根なし草ではなく、和歌の書の、散らし書きの美と、結ばれていることに、ようやく気づきました。


藤原定家筆の古今和歌集(伊達本、笠間文庫)。定家の写本は平安かなと漢字のバランスがうたとしてみごとです。
漢詩もよく知る彼のかなと漢字の書き分け、例えば、雪、花、山、白露など、ひらがなのやわらかな流れに、選ばれた漢字がイメージの滴となって浮かびあがり光ることを知る感覚と表現の意思。

  *

定家の筆は独特な筆太で、無骨に思いもしますが、かなと漢字のバランスに優れるので、古今和歌集の仮名序も、読みやすいと感じるようになりました。「やまたうたは人のこころをたねとして」。「人」は漢字、他は仮名で彼は書いています。

  *

和歌の現代語訳の諸本も、校注者の、言語知識と読みやすさへの配慮や好みと感性と才能で、漢字とひら仮名の使い分けはまちまちです。
外国語の文学作品の翻訳がひとつの作品たとして訳者の文学力の表れであるのと同じだと私は思います。



散文とはことなり、細部にやどる美、一文字のかたちにも、一音の響きと音色にも、一語の意味とイメージ、それらの連なりと断絶にもこだわることで、ひとのこころをあらわそうとし、あらわし伝えうるのが、うた、詩だとわたしは思います。



☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ。393作品収録。カバー・章扉絵・渡邉裕美。発売イーフェニックス、税込540円。


高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス


関連記事

最新記事

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同上
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同上
「愛(かな)」1993年同上
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

検索フォーム