記事一覧

こだまのこだま(みぃ)。絵と詩が響きあう。『詩集こころうたこころ絵ほん』

 私の新しい詩「こだまのこだま」をとおして、絵と詩、画家と詩人、芸術の響きあいを、感じていただけたらと願っています。
 この詩の副題は、「渡邉裕美さんの絵のこだまの、こだま」です。
 『詩集 こころうた こころ絵ほん』には、カバーに美しいパンジーの花が咲いています。

 『詩集 こころうた こころ絵ほん』カバー。絵・渡邉裕美。装丁・池乃大。

 それだけでなく、本を手にとり頁をめくってくださると、いちめんに心染めあげられるきれいな絵の花が咲いています。表紙と、九つの章扉に、咲いている絵の花です。
 この花はみんな、画家の渡邉裕美さんが、この詩集のために、わたしの作品にこだまして、描き下ろし咲かせてくださった作品です。

 それらのいちりんいちりんの絵から、今回の私の作品、新しい詩が芽生えてきました。
 私の詩句に、こだまして花咲いた渡邉さんの絵のささやき、そこから生まれた詩「こだまのこだま」です。
 (序曲)(ひぃ)(ふぅ)(みぃ)(よぉ)(いつ)(むぅ)(なな)(やぁ)(ここの)(終曲)からできています。
 絵と詩のこだまを、次の組み合わせで紹介します。
 
 1 詩集 こころうた こころ絵ほん』の詩集の頁画像そのもの
 2 私の言葉から生まれた、渡邉さんの原画、加工前の濃淡ゆたかな生の絵。
 3 渡邉さんの絵と、こだました私の新しい詩「こだまのこだま」の響きあう姿。
  (すべて、イーフェニックス社長の池田智子さんがつくりあげてくださいました。携帯電話の待ち受け画像にもご利用いただけます。)。

 今回は、第三の章扉、(みぃ)です。(クリックいただくと画像が浮かび上がります)。

 1 こだま・詩集章扉 みぃ こころうた

 2 こだま・渡邉裕美さんの原画

 3 こだまのこだま・新しい詩


 絵と言葉から、いろんなことを感じて頂けたら、とても嬉しいです。

 渡邉裕美さんがサロン・ブラン美術協会主催の日仏現代国際美術展に入選されました。東京都美術館で4月1日(日)‐6日(金)まで開催です。
 原画を美術館で、また今後ご自分のブログ「ほっと癒される光の絵画 感謝と祈りの詩と薔薇とアートコレクション」で紹介されるそうですので、ぜひご覧ください。

  『詩集 こころうた こころ絵ほん』は2012年3月11日イーフェニックスから発売されました。A5判並製192頁、定価2100円(消費税込)です。
 ☆ こちらの本屋さんは店頭に咲かせてくださっています。
 八重洲ブックセンター本店、丸善丸の内本店、書泉グランデ、紀伊国屋書店新宿南店、三省堂書店新宿西口店、早稲田大学生協コーププラザブックセンター、あゆみBOOKS早稲田店、ジュンク堂書店池袋本店、紀伊国屋書店渋谷店、リブロ吉祥寺店、紀伊国屋書店吉祥寺東急店、オリオン書房ノルテ店、オリオン書房ルミネ店、丸善多摩センター店、くまざわ書店桜ケ丘店、有隣堂新百合ヶ丘エルミロード店など。
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます。
 発売案内『こころうた こころ絵ほん』
☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
 詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
 詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同上
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同上
「愛(かな)」1993年同上
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

検索フォーム