記事一覧

チューリップ。躑躅。花みづき。りんどう。ふたりしずか。山桜。俳句の花(二)。

 花の名を詠んだ俳句を見つめています。出典は、『俳句の花図鑑』(監修:復本一郎、2004年、成美堂出版)です。入門書ですので、花の名にも俳句にも詳しくなくても、美しい写真を眺めながら楽しく読むことができます。俳人は季語として花の名をいつも意識するからでしょうか、季節の移ろいに咲く花の姿をとてもよく知っていて素晴らしいなと、私は素直に感じます。
 初春から夏の終りまで順に、どちらかというと知らない人もいるような花を主に、出典にあげられたさまざまな俳句から私の心に響いた句を選び、いいなと感じたままの詩想を☆印の後に記します。

 今回は、晩春の、花の名を詠み込んだ俳句です。

●晩春(二)

  チューリップの花には侏儒が棲むと思ふ(チューリップのはなにはしゅじゅがすむとおもう)  松本たかし

☆侏儒は小人です。子音K音、T音の響きの強い「こびとKOBITO」より、子音Y音が柔らかく液体的な響きの「しゅじゅSYUJYU」を選んだのだと感じます。童話のような優しい思いをつぶやく口調のさりげなさも、恋人に語りかけるようでいいなと感じます。

  死ぬものは死にゆく躑躅燃えてをり(しぬものはしにゆくつつじもえており)  臼田亜浪

☆つつじの燃えあがる赤は生命の燃焼の激しさそのものだからこそ、寄り添うように死も意識されます。春のいのちの燃え上がりは死への歩み。前半の想念と後半の叙景が響き合い重なり溶け合う鮮烈な句です。

  城出てしんじつ白き花みづき(しろいでてしんじつしろきはなみづき)  宇咲冬男

☆音楽的な句です。主調の母音は引き締める母音イI音です。shIroIdeteshInjItushIrokIhanamIzukI。「城」と「白」は表意の漢字に隠されて同音「しろSHIRO」で頭韻しています。「しんじつSHInjITsu」という清らかな想念、「白きSHIroKI」の色、「みづきmIzuKI」、どの詩句も強く鋭い子音T音、K音を織りまぜられ、真っ白な世界です。その調べの流れにやわらかに、「はなHANA」という柔らかな明るい音の花びらが浮かんでいます。

  息つめて春りんだうの咲くといふ(いきつめてはるりんどうのさくという)  岸田稚魚

☆伝聞体、人づてに、あるいは風に聞いた、教えられたという結句「といふ」が、今山にひっそり咲いている春りんどうに思いを馳せさせ印象を深めています。「息つめて」と擬人化した表現に感動が凝縮し、花のいのちと心を鮮やかに伝えてくれます。初恋の人を前に胸がつまり言葉をのみこむような、可憐な花の表情が目に浮かびます。私はりんどう、その色と形と音「RINDOU」、とても好きです。

  ふたりしづかひとりしづかよりしづか  川崎展宏

☆すべてひらがなの流れるやわらかな文字の形が、しずかな花によくあっています。花のなまえとして二回、そして最後にもう一度置かれた「しづか」、意味のうえでも、調べのうえでも、この詩句がリフレインとなって心に響きます。

  山又山山桜又山桜(やままたやまやまざくらまたやまざくら)  阿波野青畝

☆前の句と対照的に、すべての文字を漢字にした句。連なって切れ目の無いまとまりを、字体でも示そうとした意思を感じます。「山」は(やま)2音を1字に、「山桜」は(やまざくら)5音を2字に、漢字は、複数の表音を文字に閉じ込め、意味・イメージを、くっきり浮き出します。調べも、「ヤマ」が4回、「マタ」が2回、「ザクラ」が2回、すべて繰り返される言葉が、リズムと連なりを生みだしています。印象深い句です。

 ■ 出典:『俳句の花図鑑』(監修:復本一郎、2004年、成美堂出版)

 次回も、美しい俳句の花を見つめます。


 ☆ お知らせ ☆
 『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2000円(消費税別途)しました。
 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。
    こだまのこだま 動画  
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同上
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同上
「愛(かな)」1993年同上
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

検索フォーム