記事一覧

薄荷。紫苑。鳥兜。野菊。秋、俳句の花(二)。

 秋の花の名を詠んだ俳句を見つめています。出典は、『俳句の花図鑑』(監修:復本一郎、2004年、成美堂出版)です。入門書ですので、花の名にも俳句にも詳しくなくても、美しい写真を眺めながら楽しく読むことができます。
 俳人は季語として花の名をいつも意識するからでしょうか、季節の移ろいに咲く花の姿をとてもよく知っていて素晴らしいなと、私は素直に感じます。

 初秋から順に、出典にあげられたさまざまな俳句から私の心に響いた句を選び、いいなと感じたままの詩想を☆印の後に記します。

 今回は、初秋と仲秋の、花の名を詠み込んだ俳句です。

●初秋

  薄荷咲くうすむらさきの風匂ふ  今井千鶴子

☆「うすむらさきの風」という詩句が美しいと感じます。haKKaSaKU USUmUraSaKino KazenioU、穏やかな調べの基調には、母音のウU音の静けさと、子音K音と子音S音の、息がかすれる音が、かすかな風を感じとらせてくれています。

●仲秋

  廃園に紫苑(しをん)と佇(た)ちて恋ひわたる  秋元不死男

☆「廃園」というロマンの香る詩句で誘い込まれる世界には、紫苑が美しい女性となって隣に佇んでいて「恋ひわたる」という詩句で一気に抒情が立ち昇ります。遥かな美が開けています。
 十七文字という短い俳句には、知的に、枯れた、わびさびの文芸とのイメージを抱きがちですが、このような抒情詩、愛の物語をも紡げるという発見に、心から喜びを感じさせてくれる、とても好きな句です。

  鳥兜(とりかぶと)毒持ちて海の青透けり  加倉井秋

☆「毒もちて」という句がかもしだす負、醜、怖、闇のイメージの強さが、続く「海の青透けり」の、正、美、喜び、光のイメージを、際立たせています。花びらに海の美しく透きとった世界が浮かびあがってくるようです。

  今生は病む生なりき鳥兜  石田波郷

☆毒をもつことを生まれながらに宿命づけられた花と、人間として生きることの性を、語り合っているように感じる句です。生きることは、病んでいることかもしれない、悲しみの問いかけに、私は染められます。

  心急き歩み遅るゝ野菊濃し  星野立子

☆句が表象するものは、読者によって変わると思います。イメージより私は言葉の音楽、調べに惹かれる句です。
 「こころKOKORO」の母音オO音の繰り返し、「せきせsekI」と「こしkosI」は子音I音と詩句の後に無音の間の強さで脚韻を感じさせます。「おくるるokURURU」にも音の快さがあります。
 「野菊濃し」という短い詩句は、作者の眼に強烈に焼きついた花の姿への強烈な印象、感動からこの句が生まれたことを教えてくれます。

■ 出典:『俳句の花図鑑』(監修:復本一郎、2004年、成美堂出版)

  次回も、美しい俳句の花を見つめます。
 ☆ お知らせ ☆

 『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。
(A5判並製192頁、定価2000円消費税別途)
☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん

 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。
絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。
    こだまのこだま 動画  

 
関連記事

最新記事

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同上
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同上
「愛(かな)」1993年同上
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

検索フォーム