Entries

ケプラーの詩心(三)星の音楽

 ケプラーの言葉「地球はミ・ファ・ミと歌う。」に私は心うたれます。
 彼の詩心、彼の祈りに、私は共鳴し、響きあう音楽を奏でたいと願っています。これまでも、これからも。
 これまで私が授けられ発表できた星の音楽の詩は、ホームページの章『あどけない心の森 星のこもりうたにまとめています。(リンクしていますのでお読み頂けます。)

 目次

詩「星の愛 星の祈り(連詩「愛と祈りの星魂(ほしだま)の花」

詩「星のささやき(同上)

詩「星魂の花(同上)

詩「星のこもりうた(同上)

詩「あどけない星魂のはなし

 私がケプラーの詩心と祈りに共鳴するように、共鳴を心に感じて頂けたらとても幸せに思います。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/104-57a0ab6b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「純心花」
2022年イーフェニックス
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年イーフェニックス
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年土曜美術社出版販売
「愛(かな)」1993年土曜美術社出版販売
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事