Entries

万葉集の好きな歌 (巻第十四) 東歌(あずまうた)相聞 作者未詳歌(二)武蔵国歌

万葉集 巻第十四 東歌(あずまうた) 相聞 作者未詳歌

武蔵国歌3373

多摩川にさらす手作りさらさらになにぞこの子のここだ愛(かな)しき

どうしてこんなに好きなんだろう
「さ」音「ら」音の光の織物水面流れゆき、「こ」音も優しく
「愛し」の二首原文は可奈之、数百年後の平仮名「かなし」です

多摩川に  
tAmAgAwAni
さらす  
SARASu

さらさらに  
SARASARAni

なにぞ この子のここだ
nAnizO KOnOKOnO KOKOdA
愛しき 
KAnNAsiKi

音調のとても美しいうた。
「Aあ」音の母音が主調音。
転調母音「Oお」音。微かな母音「iい」音が
子音の個性、息するS、突き抜けるK、穏やかなNなどと、音色旋律の川の流れに愛を優しく奏でています。

わかりやすいよう強調したい母音と子音を大文字にしていますがふつうのローマ字です。

日本語にはアクセントの強弱はほぼなく、音色の繊細な旋律、流れる抑揚に特徴があります。

いい和歌はその美しさを自然な感覚やわらかな感性の響きで伝えてくれます。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/1217-7acf156e

トラックバック

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同
「愛(かな)」1993年同
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事