Entries

三井ふたばこの詩。愛(いと)しさの絵。

 近代詩が生まれた明治時代からの約百年間に創られた女性の詩人の詩をみつめなおしています。
 『ラ・メール 39号、特集●20世紀女性詩選』ささ(1993年1月、編集発行人:新川和江・吉原幸子、発売:思潮社)に採録されている詩人の一作品・一輪の花たちのなかから、私が好きな、木魂する思いを揺り起こされる詩について、詩想を記しています。

 今回の詩人は三井ふたばこ(みつい・ふたばこ、1919年大正8年~1990年平成2年)です。
 執筆の時期により、西條ふたばこの名の作品もあります。
 略歴には、詩集『後半球』『空気の痣』『たびげいにん唄』、評伝『父・西條八十』他と記されています。

 上記の特集には詩「後半球」が収録されています。
 整った詩世界ですが、知性とイメージの飛翔を核としていて、私の好みではありませんでした。
 『女たちの名詩集 ラ・メールブックスⅡ』(新川和江編、新装版1992年、思潮社)に咲いていた、好きな詩を見つめます。

 平明な言葉で娘に語りかける優しい言葉が心に響きます。
娘の髪を梳(す)く母親。これだけで美しい絵画が思い浮かぶ情景です。男の入り込めない交感を想います。
 「この愛(いと)しい髪」という詩句も、女性だからの言葉です。

 タイトルの「みち」、そして平明な比喩も、この情景、詩情と溶け合っています。
 梳(す)いている髪はさらさらと、「細い春雨」の線状のひかりと重なり、「運命のうねった小径(こみち)」と重なり「未来の国」のほうへ、かすみ、見えなくなりながらのびてゆきます。
「わたしが死んでしまっても」という思いに溶けています。
愛(いと)しさのやさしく響く、美しい絵のような、好きな詩です。


  みち(紘子に)
          三井ふたばこ


あなたの髪を梳(す)きつゝ
思うこと

わたしが死んでしまっても
なお のびつゞけるであろう
この愛(いと)しい髪
なお降りつづけるであろう
今日のような細い春雨

なお つゞくであろう
運命のうねった小径(こみち)
この一瞬 わたしの櫛(くし)は
不気味な戦慄とともに
みしらぬ未来の国をかすめる
あなたの髪を梳きつつ
思うこと


 次回も女性の詩人の歌声に、心の耳を澄ませます。



 ☆ お知らせ ☆
『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2000円(消費税別途)しました。

 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。

    こだまのこだま 動画
  
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
    発売案内『こころうた こころ絵ほん』
 ☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/427-c91e777b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「純心花」
2022年イーフェニックス
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年イーフェニックス
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年土曜美術社出版販売
「愛(かな)」1993年土曜美術社出版販売
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事