Entries

征矢泰子の詩(一)。かぎりなくすきとおった、詩。

 近代詩が生まれた明治時代からの約百年間に創られた女性の詩人の詩をみつめなおしています。
 『ラ・メール 39号、特集●20世紀女性詩選』(1993年1月、編集発行人:新川和江・吉原幸子、発売:思潮社)に採録されている詩人の一作品・一輪の花たちのなかから、私が好きな、木魂する思いを揺り起こされる詩について、詩想を記しています。

 今回の詩人は征矢泰子(そや・やすこ、1934年昭和9年~1992年平成4年)です。
 略歴には、詩集『砂時計』『てのひら』『綱引き』『すこしゆっくり』『人のかたち・花のかたち』、ほかに童話、翻訳など、と記されています。

『女性詩選』の一篇より私は『女たちの名詩集』(新川和江編、1992年新装版、思潮社)に採録されている詩に、強く惹かれるものを感じました。今まで知らず、初めて読んだ、私の両親の世代の詩人です。
 童話も書いているので、私と心の波長、心の色合いが似通っているのかもしれません。とても良いと感じた詩を、3篇、二回に分けてみつめます。

 いずれも、ひらがなだけの詩です。ひらがなの詩は、字体、字のかたちが曲線で柔らかなこと、初めにならう日本語だから幼さ・小学校のイメージと結ばれていること、一音一音を表音文字として音をひろうので、歌のように耳の意識が高まること、漢語のような概念の固まりを構築する論理から遠いこと、和歌と女性(おんなもじ)を思い起こさせ、心の抒情、愛情、祈りが匂うことなど、特徴がはっきりしています。
 だからこそ、詩人、書き手によって、まず好き嫌いがはっきりあります。そして創ろうと願う作品の詩想にふさわしいかどうかという、選択があります。
 そのうえで、内容が何もなくても、その特徴の強さで何となく良く見せてしまう魔力もあります。逆に良いように見えたけれど読んでみたら、つまらなかった、という罠もはらんでいます。

 この詩人の3篇は、ひらがなの特徴をとても生かしていて、またその特徴に生かされていて、素晴らしいと思いました。
 詩「なみだ」は、涙の流れる水性の動き、自由に姿かたちを変える柔らかさを詩想としているので、ひらがなととても調和しています。
 詩人が語りかける声、心を自分をみつめるまなざし、透きとおった澄みきったものへの願いも、美しく響いていて私はとても好きです。


  なみだ
             征矢泰子


なみだよなみだ
わたしのもっているもののなかでたったひとつ
かぎりなくすきとおったものよ
なみだよなみだ
わたしのもっているもののなかでただそれだけ
とめどなくあふれつづけるものよ
そしてなにより
としつきのなかでふとり
てあかにまみれておもくなっただけそれだけ
つつましくだしおしみおくびょうにおしかくす
ならいせいとなったわたしのなかで
むしんでだいたんでむぼうでまあたらしいものよ
おまえはぬらせ
わたしのこころを
としつきにちゅうじつなからだのなかで
としつきにおいつけないこころを
せめてあたたかく
おまえはぬらせ
なみだよなみだすきとおったものよ


 次回も征矢泰子の歌声に、心の耳を澄ませます。


 ☆ お知らせ ☆
『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2000円(消費税別途)しました。

 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。

    こだまのこだま 動画
  
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
    発売案内『こころうた こころ絵ほん』
 ☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/435-391909d3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「純心花」
2022年イーフェニックス
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年イーフェニックス
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年土曜美術社出版販売
「愛(かな)」1993年土曜美術社出版販売
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事