Entries

立原えりかの詩。好き、愛してる。

 近代詩が生まれた明治時代からの約百年間に創られた女性の詩人の詩をみつめなおしています。
 『ラ・メール 39号、特集●20世紀女性詩選』(1993年1月、編集発行人:新川和江・吉原幸子、発売:思潮社)に採録されている詩人の一作品・一輪の花たちのなかから、私が好きな、木魂する思いを揺り起こされる詩について、詩想を記しています。

 今回の詩人は、立原えりか(たちはら・えりか、1937年昭和12年生まれ)です。
 略歴には、童話作家、『いそがしい日の子守唄』『夢のなかのマリオに』、詩集『あなたが好き』と記されています。

 1991年の詩集『あなたが好き』の収録作品ですが、童話作家らしい、とても素直な心の詩です。
 好きという思いをあふれるままに言葉にしている、朗らかな純心さがやさしく、私はいいなと感じます。

 こんなストレートな心に響く表現、これこそ詩なのに、詩と認めたがらない、気難しい頭でっかちの現代詩人たちがいますが、つまらないことだし、心と感性を失っています。
 感動した心と、伝えたい思いのない、息づいていない言葉は、どんなに立派そうにみえてもガラクタでしかありません。童謡をいいと感じる心を失った物、ラブレターの情熱とときめきをわからなくなった物に、詩を語る資格はありません。

 だからこの詩人とこの作品を『20世紀女性詩選』におさめた編者の新川和江と吉原幸子は、流行や無責任な評判や権威などに関係なく、自分の心で、本当に好きな詩、良いと感じた詩、伝えたい女性の詩を選んでいると感じて素晴らしいなと思いました。

 よけいな回り道をしましたが、好き、好きと思いを限りなくならべ繰り返せる情熱がラブレターだけれど、この詩は作品として、最後の2行でその思いを高め美しい結晶にしています。

 「好き」という言葉と、「愛してる」という言葉ほど、心を揺りうごかす詩をいっぱいに含みこんでいる言葉はありません。

 誰もがいつも、ひそかに思ったり、伝えあっている大切な言葉、それがここにそっと詩句として置かれたことでなおさら輝きをましている、そう感じられるから詩は生まれて、読まれるのだと、私は思います。


  あなたが好き
           立原えりか
          

あなたが好き
生きてるから好き
笑ってるから好き
くすぐったがりやだから好き
くいしんぼうだから好き
ねごと言うから好き
わがままだから好き
わたしより大きいから好き
うそがへただから好き
つめがきれいだから好き
いっしょうけんめいだから好き
愛してくれるから好き
愛してるから好き


 次回も女性の詩人の歌声に、心の耳を澄ませます。

 ☆ お知らせ ☆
『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2000円(消費税別途)しました。

 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。

    こだまのこだま 動画
  
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
    発売案内『こころうた こころ絵ほん』
 ☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/438-bcdfb737

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「純心花」
2022年イーフェニックス
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年イーフェニックス
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年土曜美術社出版販売
「愛(かな)」1993年土曜美術社出版販売
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事