Entries

加藤治郎。大辻隆弘。紀野恵。歌の花(四五)。

 出典の2冊の短歌アンソロジーの花束から、個性が心に響いてきた歌人について好きだと感じた歌の花を数首ずつ、私が感じとれた言葉を添えて咲かせています。生涯をかけて歌ったなかからほんの数首ですが、心の歌を香らせる歌人を私は敬愛し、歌の美しい魅力が伝わってほしいと願っています。

 出典に従い基本的には生年順です。どちらの出典からとったかは◆印で示します。名前の前●は女性、■は男性です。

■ 加藤治郎(かとう・じろう、1960年・昭和35年名古屋市生まれ)。

鋭い声にすこし驚く きみが上になるとき風にもまれゆく楡  『サニー・サイド・アップ』1987年・昭和62年
もうゆりの花びんをもとのもどしてるあんな表情を見せたくせに

◎二首ともに、男女の心と体の交わりをストレートに口語で表現しています。
 一首目は男性が感じる女性を歌っています。性愛を歌いながら露骨描写と感じないのは、愛する女性の比喩に選び取った詩句「風にもまれゆく楡」のイメージによります。
 二首目は、愛の交わりの後の男性の心そのままの日常語による歌です。「もどしてる」という口語に、女性の仕草をおう眼差しがあり、「あんな表情を見せたくせに」にも、男女の情交、性愛が濃密です。
日常の男女の性の口語表現として、読者の好き嫌いは分かれると思います。

■ 大辻隆弘(おおつじ・たかひろ、1960年・昭和35年三重県生まれ)。

点描の絵画のなかに立つごとく海のひかりに照らされており 『水廊(すいろう)』1989年・平成元年

◎後期印象派の点描画は、ひかりを絵として美しくとらえるので、私は好きです。「海のひかり」「照らされて」という二つの単純な詩句が、「点描の絵画」という詩句で生かされています。海そのものの輝きと、絵のイメージが、重なり合って心に浮かび、美しいと感じる歌です。

● 紀野恵(きの・めぐみ、1965年・昭和40年徳島県生まれ)。

手すさびに折れば匂へる蕗の香のかなしかりけり折れば匂へる  『さやと戦げる玉の緒の』****年

◎最後にもういちど繰り返される「折れば匂へる」の響きに込められた、歌人の内省と余情が、「蕗の香」となって匂ってくるように感じます。

ゆめにあふひとのまなじりわたくしがゆめよりほかの何であらうか

◎夢と現(うつつ)の境をいききするような詩想の淡さを、ひらがなの曲線のやわらかさが、かもしだしているようです。「あふひと」も「わたくし」も夢にいるのか現にあるのか、どちらがゆめなのか、わからなくなるような、ふたしかさにさまよってしまうように、感じる不思議な魅力を感じる歌です。

晩冬の東海道は薄明りして海に添ひをらむ かへらな

◎一呼吸の間(ま)を置いて最後に置かれた詩句「かへらな」の、古風さが魅力の歌です。今使われないこの古語がこの歌のいのちなので、読者の好き嫌いが分かれる気がします。歌集のタイトルからも、古典への関心が強い歌人だと思いますが、受け継がれてきた言葉の歴史をさかのぼって知り、感じることは、とても大切なことだと私は考えています。

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)。
◆印をつけた歌は『現代の短歌 100人の名歌集』(篠弘編著、2003年、三省堂)
から。

 次回も、美しい歌の花をみつめます。

 ☆ お知らせ ☆
 『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2000円(消費税別途)しました。
 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。
    こだまのこだま 動画  
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/551-6a17c1bf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同
「愛(かな)」1993年同
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事