Entries

与謝蕪村、青春かおる。俳句の調べ(三)。

 『日本の古典をよむ⑳ おくのほそ道 芭蕉・蕪村・一茶名句集』(2008年、小学館)から、今回は与謝蕪村(よさ・ぶそん、1716~1683年)の俳句を前回に続き、見つめます。

 注解者は、山下一海(やました・かずみ、鶴見大学名誉教授)で、蕪村の俳句を多様な角度から照らし出し感じとり、特に俳句の調べ、音楽性にも言及していて、私は深く共感しました

 以下、俳句の調べについての注解がある句を中心に選び、私が好きな句を加えました。注解者の言葉の引用は、注解引用◎、の後に記します。私の言葉は☆印の後に印します。

  白梅や墨芳しき鴻臚館(はくばいやすみかんばしきこうろくわん)

注解引用◎異国趣味にふさわしく漢語を配し、「かんkanばしきこうろくわんkan」と韻を押した用意も注目したい。
 ☆ 水墨画のイメージには「はくばい」が「しらうめ」に比べふさわしく、恐らく「かんばBAしき」という詩語は、白梅の「ばBA」の音に呼び出されて選ばれたと感じます。詩歌の作者はイメージ、意味だけでなく、意識、無意識にこだまする音を探します。「かんkan」についても同じことが言えます。


  春雨や小磯の小貝ぬるゝほど(はるさめやこいそのこかいぬるるほど)

注解引用◎「小磯の小貝」のコの頭韻にいかにもこまやかな感じがあり、「ぬるゝほど」は、春雨のやわらかな感じをそのままに表している。
 ☆ 「ぬるゝほど」は「ぬるるNURURU」が母音「ウU音」の重なるリズムと子音N音の粘着感とR音の流動で、雨と海水を伝え、「ほどhOdO」は母音「オO音」が落ち着いた穏やかさを奏でます。イメージも鮮明に立ちのぼる句です。


  牡丹散て打かさなりぬ二三片(ぼたんちりてうちかさなりぬにさんぺん)

注解引用◎「牡丹散て」の迫らざる字余りが、厚ぼったい感じの豪華な花の散り方をよく表している。
 ☆ 「ぼたんbotaN」「三saN」「片peN」と隠れながら三回繰り返されている「んN」音が、調べに特徴を出していると思います。


  山蟻のあからさま也白牡丹(やまありのあからさまなりはくぼたん)

注解引用◎山蟻の黒色と牡丹の白色との鮮明な対照。十七音中ほぼ三分の二を占めるア段の音が明るく軽快に響く。
 ☆ 注解の「ア段の音」とは、子音に母音「アA音」が結びついた文字のことを言っています。順に抜き出すと、「やyA」「まmA」「あA」「あA」「かkA」「らrA」「さsA」「まmA」「なnA」「はhA」「たtA」と11文字もあります。蕪村の調べにあるこの音色に、萩原朔太郎は青春性の明るさを聴きとったのだと私は思います。私にとっても、「わび」「さび」と「老い」から離れた、この俳句の世界はとても新鮮です。


  三井寺や日は午にせまる若楓(みいでらやひはごにせまるわかかへで)

注解引用◎「日は午にせまる」の声調がとくに引き締まって力強い。
 ☆ 「わかかえでwAKAKAede」という詩語の母音アA音の明るさと子音K音の鋭い響きにも、光に翻る若葉のうすきみどりのイメージと溶け合い、その動く姿が感じられます。


  窓の灯の梢にのぼる若葉哉(まどのひのこずえにのぼるわかばかな)

注解引用◎三つの「の」の重畳(ちょうじょう)も、迫った気息(きそく)として瞬間的な実況にふさわしい。
 ☆重畳は、日本の和歌の調べの大切な要素、リズム感を生み出す、重ねて畳みかける押韻(同音のこだま)のことです。たとえば、上五を切れ字「や」で「窓の灯や」とすると断絶が生まれますが、「灯の」と「窓の」に重畳させたことで、続く詩句になだれこんでゆく勢いリズム感が生じて、離れた「のぼる」まで保たれて押韻と感じさせます。
 「わかばwAKAbA」「かなKAnA」も母音アA音と子音K音が明るくこだまして響いています。


  をちこちに滝の音聞く若葉かな(をちこちにたきのおときくわかばかな)

注解引用◎前半のタ行音と後半のカ行音とが交錯する韻律がことに美しい。
 ☆優れた注解だと感じます。母音と子音の響きに鋭敏に耳を澄ませています。タ行音の子音T音、
カ行音の子音K音が、o[Ti][ko][Ti]ni [Ta][Ki]noo[To][Ki][Ku] wa[Ka]ba[Ka]na、結びつく母音により音色を繊細に変えながら、交錯する韻律は、とても美しいと私も感じます。
 この二つの子音のリズム感のある弾ける響きは、意味・イメージの、滝の音、滝の水を、言葉の調べからも奏でています。

 次回も蕪村の俳句を見つめます。

出典:『日本の古典をよむ⑳ おくのほそ道 芭蕉・蕪村・一茶名句集』(2008年、小学館)

 ☆ お知らせ ☆
 『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2000円(消費税別途)しました。
 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。
    こだまのこだま 動画  
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/564-a8c35707

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同
「愛(かな)」1993年同
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事