Entries

アイヌ文学『コタン 違星北斗遺稿』

 アイヌとしての誇りと魂を歌いあげた三名の方の作品を、『現代アイヌ文学作品選』から摘み、ここ「愛(かな)しい詩歌に咲かせています。私が良いと感じるままに選びました。

 二回目は、若くして病のうちに亡くなった、違星北斗(いぼしほくと、1902年~1929年)の作品です。

 彼の短歌についての思いは「私の短歌」に書かれたとおり、念願が迸り出た歌です。だからこそ、悲しみの歌も痛く響いてきます。優しい魂の持ち主だっったことが、言葉の底から伝わってくる彼の歌が、私は好きです。

私の短歌
「(略)公平無私とかありのままとかを常に主張する自分だのに、歌に現われた所は全くアイヌの宣伝と弁明に他ならない。それには幾多の情実もあるが、結局現代社会の欠陥が然らしめるのだ。そして住み心地よい北海道、争闘のない世界たらしめたい念願が迸り出るからである。(略)」

アイヌとして生きて死にたい願もてアイヌ絵を描く淋しい心

灰色の空にかくれた北斗星北は何れと人は迷はん

勇敢を好み悲哀を愛してたアイヌよアイヌ今何処に居る

ネクタイを結ぶと覗くその顔を鏡はやはりアイヌと云へり

コタンからコタンを巡るも楽しけれ 絵の旅 詩の旅 伝説の旅

暦なくとも鰊(にしん)来るのを春としたコタンの昔慕はしきかな

久々で熊がとれたが其の肉を何年ぶりで食うたうまさよ

桂木の葉のない梢天を衝き日高の山に冬は迫れる

よっぽどの馬鹿でもなけりゃ歌なんか詠まない様な心持不図する

人間の仲間をやめてあの様にゴメと一緒に飛んで行きたや
*ゴメ、かもめ。

ゴメゴメと声高らかに歌ふ子も歌はるるゴメも共に可愛や

芸術の誇りも持たず宗教の厳粛もないアイヌの見せ物

滅亡に瀕するアイヌ民族にせめては生きよ俺の此の歌

悪辣で栄えるよりは正直で亡びるアイヌ勝利者なるか

ホロベツの浜のハマナシ咲き匂ひイサンの山の遠くかすめる

病よし悲しみ苦しみそれもよしいっそ死んだがよしとも思ふ

若しも今病気で死んで了ったら私はいいが父に気の毒

出典:『現代アイヌ文学作品選』(川村湊編、2010年、講談社文芸文庫)
(出典の底本:違星北斗『コタン 違星北斗遺稿』(1931年、竹柏会)

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/116-e02b7853

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同
「愛(かな)」1993年同
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事