Entries

三ヶ島葭子の短歌。悲しみ、苦しみ、夭逝。歌。

 ここ百年ほどの時間に歌われた詩歌から、短歌の形で咲いた心の花をみつめています。
今回の歌人は三ヶ島葭子(みかじま・よしこ、1886年・明治19年埼玉県生まれ、1927年・昭和2年没)です。

 生年没年からわかるように彼女は40歳でなくなりました。
内面を自己凝視し、あふれるものを真率に吐露する、まっすぐな歌風なので、家庭内の不和からの苦しみと悲しみが、言葉に滲んでいます。
 
 彼女の歌に感じるのは、鋭敏な感受性が本来の資質のままにのびゆけずに、時代と生活の制約に押し込められ歪められた呻きと痛みです。
 ただ、忘れてはならないのは、彼女はそのようにしか生きられない生活の中でさえ歌ったことです。歌に対する資質と強い意思がなければできないことです。

 夫との不和。子どもと引き離されたこと。そんななかでも、歌った姿は、金子みすゞもそうですが、この時代に生きた多くの女性が声にすらできなかった思いを、今もわたしに教え感じとらせてくれます。

 彼女の歌から私の心に強く響いた歌を9首選びました。
 最初の4首は、子どもを歌っていますが、特に2首目と3首目の赤ん坊にそそぐまなざしの愛情の深さがあって初めて感受できる歌は、とても美しいと思います。
 7首目の引き離された子を思う歌は悲しいとしか、いいようがありません。
 5、6、8、9首目の歌に、彼女の自己凝視の強さと、歌にして書きつけることで、辛うじて生きているような、危うさ、絶望の断崖の淵に立ち尽くす叫びにちかい声が響いています。

 どれも悲しく苦しい歌ですが、その懸命さを歌として伝えてくれたことに、私は心を打たれます。

          『三ヶ島葭子全歌集』1934年・昭和9年
まづ何をおぼえそむらむ負はれてはかまどに燃ゆる火など覗く子
親のかほけさやうやくに見いでたる瞳はいまだ水のごとしも
鈴ふればその鈴の音を食はむとするにやあはれわが子口あく
らんぷの灯届かぬ部屋に寝たる子の柔き髪寄りて撫でつも

たまゆらのわれの心に漲(みなぎ)りしかの憎しみを人は知らぬなり
死にたりと聞きて心のおちつきぬ死にたる弟思ひつつねむ

さかりゐる一人の吾子を思ひつつ眼つぶりて飯かきこみぬ

惜しきもの一つも無しと思ひつつ室の真中にひとり立りをり
今にして人に天甘ゆる心あり永久(とは)に救はれがたきわれかも

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)。

 次回も、歌人の心の歌の愛(かな)しい響きに耳を澄ませます。

 ☆ お知らせ ☆
 『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2000円(消費税別途)しました。
 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。
    こだまのこだま 動画  
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/494-bb80f770

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同
「愛(かな)」1993年同
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事