Entries

中塚一碧楼。切れ字の伝統を捨て自由を。自由律俳句(二)

 前回は、中塚一碧楼(なかつか・いっぺきろう、明治二十年・1887年~昭和二十一年・1946年。岡山県生まれ)の自由律俳句の宣言ともいえる言葉について考えました。
 今回は、彼の自由律俳句そのものから、特に私の心に響いた作品をとりあげ、詩想を記します。カッコ( )内は現代かなづかいでの読みを私が加えたものです。

  児の心ひたぶるに鶏頭を怖づ (このこころひたぶるにけいとうをおず)

☆音数律は、5音・5音・7音で、通常と同じ17音ですが、中・下の通常7音5音が逆転しています。「ひたぶるに」の5音のあと通常音数ある2音を期待する「ため」のような時間が生まれており、「けいとうおおづ」の7音は通常音数5音に付け加えられた「おづ」が字余りで浮き出し強調される効果がでています。心象の強いイメージの句ですが、「鶏頭」が鶏のトサカそのものか、同名の花を指したのか、私にはわかりません。どちらにしてもその強烈な「赤」色を怖れる心理はわかります。

  親鳥まどろみ春の潮鳴りたうたうたう (おやどりまどろみはるのしおなりとうとうとう)

☆音数律は、8音・7音・6音の21音です。上は3音余計にある長さが「まどろみ」という意味とあっています。
 下の「とうとうとう」は母音「オOウU」の音色の抑揚と繰り返すリズムで、波のイメージと溶け合っていて、音と表象が一体となり心に浮かび揺れ動きます。

  蚊遣りの草のしめりを知りたりしふたり (かやりのくさのしめりをしりたりしふたり)

☆とても音楽的な句です。「の」が2音、「り」が6音、「し」が3音、畳韻のように繰り返され、「しsI」と「りrI」に隠れた母音I音が、全19文字中の半数近い9文字に響いています。
 上・中・下の区切りが、切れ字を捨てて曖昧にしているのも自由律俳句の特徴です。この句の場合、意味の切れ目の「かやりの・くさの・しめりを・しりたりし・ふたり」をどのようにつなげるかは、読者の任意で、「4音・7音・8音」でも、「7音・4音・8音」、「7音・9音・3音」どのように切っても間違えではありません。その自由度が自由律だからです。さらに言えば作者は、上・中・下、句の中に2回の深い切れ目を置くことにも拘りを捨てているので、俳句の伝統から読者が自由に2回の切れ目を選んでいるとも言えます。

  わが行く冬の野の小鳥よ翔ちて小鳥よ (わがゆくふゆのののことりよたちてことりよ)

☆この句は全20音で、やはり上・中・下の読み方にも広い自由度があります。「わがゆく4音・ふゆのののことりよ9音・たちてことりよ7音」、「わかゆくふゆの7音・ののことりよ6音・たちてことりよ7音」、「わがゆくふゆののの9音・ことりよ4音・たちてことりよ6音」。恐らく作者は、読者がどこで何回切ってもかまわないと考えていると思います。

 麦秋の河のうねりうねり入る海や (ばくしゅうのかわのうねりうねりいるうみや)

☆この句も幾通りにも切れるからこそ自由律です。作者が切れにこだわりがあったなら、たとえば切れ字に代わる表現方法を工夫して、「麦秋の河の うねりうねり 入る海や」のように余白を入れるか、「麦秋の、河のうねりうねり、入る海や」とすることもできただろうからです。

 次回は、自由律俳句のこの音数律の自由度について、もう少し掘り下考えます。

 ■ 出典『現代句集 現代日本文学大系95』(1973年、筑摩書房)

 ☆ お知らせ ☆
 『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2000円(消費税別途)しました。
 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。
    こだまのこだま 動画  
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/585-da7abfd4

トラックバック

コメント

[C149] 鶏頭

「児の心ひたぶるに鶏頭を怖づ」7歳のときにどこかのお庭で鶏頭の華を観ました。鶏につつかれた経験もあるのかもしれませんが、植物と動物、動植物と人間という生物学的な合体物に根拠のない恐怖心が(本能?)わいて、走って逃げた記憶があります。
恐怖心は人それぞれで、なぜ怖いのかはブラックボックスに収まったままですね。でも、それでよいのかと思います!

[C150] Re: 鶏頭

こんにちは。論理的には説明できない、しきれない、心模様の奥深さを感じ伝え、また触発し、垣間見させてくれる、文学の本質を、伝えて頂けて、とても嬉しく感じました。ありがとうございます。
  • 2013-08-19 16:02
  • 高畑耕治
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同
「愛(かな)」1993年同
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事