Entries

ヘルダーリン『ヒュペーリオン』(二)運命の出会い

 敬愛するドイツの詩人ヘルダーリン(1770年~1843年)の長編作品『ヒュペーリオン』を見つめています。
 私は二十代で彼の作品にとても感動し、その変わらぬ想いを深め伝えたいとこの文章を書いています。
 今回からは、作品の大きな流れのまとまりからテーマを掬い上げ、作品の言葉の飛沫のきらめきと、呼び覚まされた私の詩想を記していきます。

 今回の主題は、運命的な出会いです。

 「ぼく」は、主人公の男性の名はヒュペーリオン。「あなた」「あのひと」は女性の名はディオティーマ。ふたりには、ヘルダーリン自身が、深く愛した女性ズゼッテへの愛する想いが濃密に織り込められています。とても美しいです。

 引用した言葉いずれも、人を深く愛したとき、その出会いは自分にとって生まれる前から定められていた運命的なものだと感じてしまう心があふれだしています。
 どうして愛しあう二人はそう、感じてしまうのかを響かせてやみません。

 愛は「始まり」であり愛するひとは「この世ならぬひと」であり、ふたりいるだけで「すべてはきよめられ、うつくしく」なるから。

「ひとつに結ばれて天の歌になりたい」という願いを抱ける「愛の一瞬」は、「何千ものあいだ人間がおこない、考えてきたこといっさい」にも変えられない時間だから。

 愛するひとの「その歌も、その生も。すべて」が、「もっともうつくしいもの」、「もっとも聖なるもの」だから。

 愛するふたりは「あなたもずっとまえからここにいらっしゃった気がします」、生まれる前から結ばれていたと感じてしまうから。

 永遠の時のなかでの限りなく短い時間に出会え深く愛しあうふたりは、その一瞬に永遠を感じてしまいます。ふたりにとって出会いは偶然ではありえません、必然、宿命、運命づけられていた、生まれるまえから結ばれていたと、思わずにはいられません。
 愛、永遠、美、聖、歌、これらの言葉にわたしは心洗われます。

● 以下、出典からの引用です。

 そしてあなた、あなたこそ、その道を示してくれたのだ。あなたとともにぼくは始まった。まだあなたを知らなかった日々は、語るに値しない。――
 おお、ディオティーマ、ディオティーマ、この世のものならぬひと。

 ああ、あのひとがいるだけで、すべてはきよめられ、うつくしくなった。

あのひとがはじめてぼくの名を呼び、あのひとがぼくに近より、そのけがれない息吹がじっと耳をすますぼくにふれたとき!――
 ぼくたちは、ほとんどことばを交さなかった。ことばを恥じていた。音と化し、ひとつに結ばれて天の歌になりたいと思った。

 何千ものあいだ人間がおこない、考えてきたこといっさいも、この愛の一瞬にくらべればなんであろう。

 ぼくはあのひとと自分自身になんど言ったことだろう。もっともうつくしいものは、もっとも聖なるものである、と。そして、あのひとのすべてがそうであった。その歌も、その生も。

 ぼくたちはただひとつの花だった。ぼくたちの魂は、閉ざされた萼(うてな)のなかに愛のやさしいよろこびを秘める花のように、まじりあって生きていた。

そして最後にわたしにこう言ったのです。あなたもずっとまえからここにいらっしゃった気がします、と。――

● 引用終わり。

 今回の最後に、これらの言葉と、木魂しあう私の詩を、ここに響かせます。お読み頂けましたら嬉しいです。

   「生まれた日から」(高畑耕治のHP『愛のうたの絵ほん』から)。
   

 次回もヘルダーリンの『ヒュペーリオン』を見つめ感じとります。

出典:『ヒュペーリオン ギリシャの隠者』ヘルダーリン、青木誠之訳、ちくま文庫

 ☆ お知らせ ☆

 『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。
(A5判並製192頁、定価2000円消費税別途)
☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん

 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。
絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。
    こだまのこだま 動画  

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/633-5b3376fa

トラックバック

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同
「愛(かな)」1993年同
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事