Entries

塔和子の詩。雲の気持ち。

 近代詩が生まれた明治時代からの約百年間に創られた女性の詩人の詩をみつめなおしています。
 『ラ・メール 39号、特集●20世紀女性詩選』(1993年1月、編集発行人:新川和江・吉原幸子、発売:思潮社)に採録されている詩人の一作品・一輪の花たちのなかから、私が好きな、木魂する思いを揺り起こされる詩について、詩想を記しています。

 今回の詩人は、塔和子(とう・かずこ、1929年昭和4年生まれ)です。
 略歴には、1944年昭和19年にハンセン病を発病、国立療養所大島青松縁に入園。詩集『はだか木』『分身』『エバの裔』『第一日の孤独』『聖なるものは木』『いちま人形』他と記されています。

 1983年の『いのちの宴』の収録作品です。お名前だけ知っていたこの詩人の略歴と詩に、今回初めて出会いました。
 一篇の詩に感じた思いだけを記すことしかできないのですが、詩集のタイトルからも感じるように、いのちをとても深くみつめる眼差しがここにはあります。

 雲のかたちを、とらえ、言葉で映し出した、短い作品です。
 ただ言葉だけで、この雲に、ひとのいのちそのものになって、空に浮かんでいます。
 この詩を読んで私のこころに響く音。
 無常。諦念。いのち、ありのまま。
 信仰は? わかりません。
 『源氏物語』の浮舟などの心象風景に通い合うものを私は感じます。
 

  
        塔和子


意志もなく生まれた
ひとひらの形
形である間
形であらねばならない痛み

風にあおられて
流れる意志もなく流れ
出合った雲と手をつなぎ
意志ではなく
へだてられてゆく距離

叫ぼうと
わめこうと
広い宇宙からは
かえってくる声もない

そして
消える意志もなく
一方的に消される
  さびしさを
     ただようもの

 この作品を読んで、私の作品が木魂しだすのを感じました。空ではなく、海へ目はむけられていますが、おなじ眼差しだと思いました。だからこの詩に私は惹かれるのだと思います。

流氷」(高畑耕治『死と生の交わり』所収)。

 次回も女性の詩人の歌声に、心の耳を澄ませます。


 ☆ お知らせ ☆
『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2000円(消費税別途)しました。

 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。

    こだまのこだま 動画
  
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
    発売案内『こころうた こころ絵ほん』
 ☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/429-ffe3ec2c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「純心花」
2022年イーフェニックス
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年イーフェニックス
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年土曜美術社出版販売
「愛(かな)」1993年土曜美術社出版販売
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事