Entries

個人の尊厳と社会と政治と文学 詩想(九九) 

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました

 ☆

違憲の戦争法案に反対し廃案を求める、若者主催の、表参道デモに参加しに向かっています。

意思表示します。
廃案に。
アベ政治を許さない。
アベは辞めろ。

 ☆

今日は全国64箇所以上で違憲法案への抗議集会やデモが行われています。

仕事や用事や大切なことがらで参加できない方も、できるときにできる方法で、反対の意思表示をし、思いを伝えあいましょう。

よりましな社会へ。

 ☆

デモで意思表示しました。
今日も
アベは辞めろ
この声がどれほど
街に響きわたったことか。

帰り
ほんぶんの
詩を創ります。

 ☆

思っていることを率直に。伝えようとすることは社会で生活してあるのだから、大切なこと。

学者と法律の専門家に、違憲と指摘され、公約には隠して、主権者の多数に反対、抗議までされている、戦争法案は、廃案に。
聞く耳も理解する頭も良識も良心のかけらもない、アベは辞めろ。

 ☆

国会での違憲の戦争法案審議でのアベは、自衛隊員を武器と変わらぬ「我が軍」の将棋のコマとしてしか感じる能力がないことがあからさま。
お城の天守閣で自分は死なず兵に死を命じる殿だと時代錯誤の妄想をし、米国追従と自己満足の独断を狂信する姿は立憲制の首相不適格、おぞましい。
アベは辞めろ。

 ☆

日本弁護士連合会主催の、日比谷野外音楽堂での、違憲の戦争法案の廃案を求める集会に参加します。多くの弁護士会の方、大学の有志の会の方、市民の方が集まっています。18時から抗議集会をし、廃案を求め国会議事堂方面に意思表示のパレードをします。
代議員なら主権者の声を聞け。アベは辞めろ。


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/1005-37fdec33

トラックバック

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同
「愛(かな)」1993年同
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事