Entries

愛(かな)しい詩歌「万葉集 巻十三 長歌 反歌」

万葉集 巻十三 長歌 反歌」
 (国歌大観番号:長歌・三二四三、反歌・三二四四)。
 
 出典『万葉集歌人集成』(著者:中西進、辰巳正明、日吉盛幸、講談社)。
*出典の原文を記し、続けて( )内にひらがなで記します。

 少女等が 麻笥に垂れたる 績麻なす 長門の浦に 
 朝なぎに 満ち来る潮の 夕なぎに 寄せ来る波の 
 その潮の いやますますに その波の いやしくしくに 
 吾妹子に 恋ひつつ来れば 阿胡の海の 荒磯の上に 
 浜菜つむ 海人少女らが 纓がせる 領巾も照るがに 
 手に巻ける 玉もゆららに 白栲の 袖振る見えつ 
 相思ふらしも

(おとめらが おけにたれたる うみをなす ながとのうらに 
 あさなぎに みちくるしおの ゆうなぎに よせくるなみの 
 そのしおの いやますますに そのなみの いやしくしくに 
 わぎもこに こひつつくれば あごのうみの ありそのうへに 
 はまなつむ あまをとめらが うながせる ひれもてるがに 
 てにまける たまもゆららに しろたへの そでふるみえつ
 あひおもふらしも) 

反歌
  阿胡の海の荒磯の上のさざれ波わが恋ふらくは止む時もなし
 (あごのうみのありそのうえのさざれなみわがこふらくはやむときもなし)
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/25-94f9530f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同
「愛(かな)」1993年同
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事