Entries

万葉集の好きな歌 (巻五) 山上憶良とサッポオ

万葉集巻第五山上憶良ヤマノウエオクラ904

男子(をのこ)名は古日(ふるひ)に恋ふる歌三首(九句目から)

(あ)が子古日は 明星(あかぼし)の 明くる朝(あした)は しきたへの 床(とこ)の辺(へ)去らず 立てれども 居(を)れども ともに戯(たはぶ)れ 夕星(ゆふつづ)の 夕(ゆふべ)になれば いざ寝よと 手をたづさわり 父母(ちちはは)も うへはなさかり さきくさの 中(なか)にを寝むと 愛(うつく)しく しが語らへば(略)

夕星のよみは万葉集時代は「ゆふつづ」「ゆふつづ」、近世から「ゆふづつ」

【訳】夕星の出る夕方になると、「さあ寝よう」と手にすがりつき、「父さんも母さんもそばを離れないでね。ぼく、まん中に寝る」と、かわいらしくもそいつが言うので(角川ソフィア文庫、伊藤博訳)

万葉集巻第第五最後のこの山上憶良「古日に恋ふる歌」は亡くなった幼子への悲しい鎮魂歌です。

夕星
一番星、宵の明星、金星です。
万葉集の憶良の「古日(ふるひ)のうた」は、ゆふつつ、または、ゆふつづ、と読まれています。
近世以降は、ゆふづつ、ゆうずつ。
古語、死語に、消えいりそうな夕暮れの空にちいさく美しく、良い響きで、瞬いています。

古代ギリシアの女性詩人、サッポオの優しい詩と、時代を超えて、瞬きあっているようです。

サッポオ(一二)

夕星(ゆふづつ)は、
かがやく朝が八方に
ちらしたものを、
みな もとへ
つれかへす
羊をかへし、
山羊をかへし、
母の手に
子をつれかへす


「ギリシア抒情詩選」(呉茂一訳、岩波文庫)




関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://blog.ainoutanoehon.jp/tb.php/1204-f99030c3

トラックバック

Appendix

プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
Profile:たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪・四條畷出身 早大中退 東京・多摩在住

詩集
「銀河、ふりしきる」
2016年イーフェニックス
「こころうた こころ絵ほん」2012年同
「さようなら」1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25
「愛のうたの絵ほん」1994年同
「愛(かな)」1993年同
「海にゆれる」1991年土曜美術社
「死と生の交わり」1988年批評社

最新記事